奈良の陶芸教室*工房都窯  今や完璧「嫁ブログ」!!
by miyakogama
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
第3回生徒作品展画像up!
キンモクセイの香りがするなぁ〜って頃に
生徒作品展の画像をアップしてみました。

めっちゃ多いです。
見応え十分!
もう、お腹いっぱい!てぐらいの勢いで、
生徒さん達の作品をあげてみました。

おかげで、過去にアップした画像と重複するモノも何点かあります。
少し整理する意味で、
2011年以前のシーズン毎の写真を控えて
『第2回作品展』『第3回作品展』のみにしようかな、と考えています。

ではでは ご堪能くださいませ。
『2011第3回生徒作品展』←クリックしてみて下さい

まだまだアツい生徒さん達の熱気が伝わってくるかも!
# by miyakogama | 2011-10-22 18:38 | 教室便り
ありがとうございました!!
d0193670_1275462.jpg

じゃ〜ん!鹿ちゃん全体図。角は本物ですが、本体は陶器です。
って事でサイズがお解り頂けるかと…!?

『春日鹿』谷G様の作品


参加人数33名+講師1名、
出展作品数171点
5日間にわたり開催された「都窯陶芸教室 生徒作品展」
大盛況で終える事ができました!!
900人を超える方にご来場頂き、
沢山の方がアンケートにご協力下さいました。
ご記入頂いた温かい言葉の一つ一つに 今、教室内が励まされているところです。
生徒さんに代わりお礼申し上げます。
ありがとうございました!!

7月5日、全員で搬入作業にあたりました。
翌6日が展覧会初日。
生徒さん方で、受付・会場内と当番を決め順次当たって下さいました。
途切れることのなくご来場頂くお客さまに、こちらのテンションもぐんぐん上昇(笑)
「いやぁ、良かったよ!」なんて口々に褒めて頂くものですから、
「でょう!でしょ!」って嫁の鼻も又ぐんぐん伸びていきます。
(ワタシの鼻が伸びてもどうしようもないのですが…)

『伝える伝わるそれぞれの土物語』
d0193670_1454278.jpg

書家・安原山遥先生により新たに書き変えられた題字からは、
私達のメッセージを発信して下さる前回以上の力強さが感じられます。
会場には33名の参加人数を遥かに上回る出品点数と
作域の広さを誇る作品達が堂々と並び、
まさにタイトル通り、それぞれの想いで溢れております。
その想いが伝わっている様子は、丁寧にご記入頂いたアンケートや
ご高覧頂いている皆様の表情から充分伺い知る事が出来ました。

沢山の感想を頂いたなかの一つ、
「この教室の生徒さんは1年生もベテランさんも、
『土』と楽しんでいる事が良くわかります!」

この褒め言葉には嫁もノックアウトです!
呼応するかのように、教室1年生のK川さんが
「ほんとッ、楽しいんです!始めて良かった!」
と、おっしゃて下さった事も
嫁にとってはストレートに嬉しい事でした。
ありがとうございました!

搬出後、生徒さん主催で慰労会を開いて頂きました。
ワタシが Twitterでもしていたら
「うちあげナウ!」と、つぶやいていたに違いないのですが
機敏な動作に対応していない為、
遅延ながらこちらのブログでご挨拶させていただきます。
ご来場頂きました皆様、心より感謝申し上げます。ありがとうございました!!
生徒作品展にご参加下さった生徒の皆様、大盛況おめでとうございました!!

この生徒作品展の作品群はvol.3と言う事で
ホームページ内の『生徒様による作品集』に掲載する準備中です。

あ、くれぐれも言っときます。
機敏な動作に対応していない為、
遅延ながらのアップになるやも知れません。
予めご了承下さいませ(汗)

d0193670_1282892.jpg

d0193670_1282151.jpg



会場内でひろった『ツィート』
『そうか…やっぱりジブリと動物には勝てんな』
 次回は全員ワニにしますか(笑)
『先生、次 作る作品決めました!』
 早っっ!!
『ここの教室は、みなさんプロですか?』
 頼もしい素人さんばかりです!


それではホームページ内『生徒様による作品集』の掲載を楽しみにお待ち下さいませ。
# by miyakogama | 2011-07-24 02:24 | 教室便り
7月5日(火)本日搬入
センター(center, centre)とは、中央、中心のこと。
▪ 球技において中央のポジションのこと、およびそこを守備する選手のこと。
▪ AKBにおいては総選挙で決められる立ち位置のこと

我が家でもお年頃を迎えるお嬢さん方が集まると、
嵐だ!AKBだ!恋話だ!と女子会トークが炸裂する。
これまた歌いだすと必ずセンター争いがはじまり騒々しいったらありゃしない。
その争い、母も参加させてくれ って無理か(ノ∀〃)
負けじと、義理母、義理姉、嫁も女子会トーク!
光熱費だ、教育費だ、年金だと、白熱もんだが、経験値を試算した結果、
ここでのセンターも遥か遠く、母と姉の足下にも及ばず
玉砕。

以上、余談


本日、参加生徒のみなさん全員で搬入作業を終えました。
いよいよ明日が初日です。
さて、そのセンター
この度の作品展で堂々のセンターを飾ったのは
鹿ちゃーん!!!

すごいです!!
入り口で鎮座して皆様をお出迎えいたします。
撫でたい気持ちは、グッとこらえて下さい。
くれぐれも言っときます。陶器です!

大丈夫!見るだけでご利益あります(笑)
入り口だけで驚かないで下さい。
館内もため息でちゃいますよ!

タイトル通り
『伝える伝わるそれぞれの土物語』

今回も凄いです!
どうぞご高覧下さいませ。
嫁の自画自賛でない事がお解り頂けるハズ!
会期は明日6日(水)〜10日(日)です。


センターを獲得した鹿ちゃんを少しだけ公開しますね。

実物は会場でご覧下さい♪
お待ちしておりまーす!

d0193670_1155396.jpg

# by miyakogama | 2011-07-05 22:48 | 教室便り
『都窯陶芸教室生徒作品展』開催のお知らせ
都窯陶芸教室生徒作品展 開催のお知らせ
『伝える伝わるそれぞれの土物語 vol.3』

[開催期間] 7月6日(水)〜10日(日)
[開館時間] 10:00〜17:00(最終日は15時まで)
[開催場所] 奈良市美術館(イトーヨーカドー5F)奈良市二条大路南1丁目3−1
d0193670_2371126.jpg

いよいよ始まります!
毎回好評頂いております「都窯陶芸教室 生徒作品展」
第3回目を迎える運びとなりました。
『伝える伝わるそれぞれの土物語』

タイトルは、前回展の折に教室内公募の結果、
厳選なる審査を勝ち抜いて決定されたフレーズです。

入り口を飾る看板の題字は、
おそれ多くも書家・安原山遥先生の筆によるもので、まさに一見の価値有り!
そして今、生徒さん達は、この作品展にむかって大詰めの段階を迎え
頑張っている最中です。

ホームページ内でシーズン毎にアップしていた『生徒様作品集』
勿体つけてお休みしているのは、決してサボってた訳じゃ… ありません、多分。(汗)
作品展の為ですよ。新作は焦らさないと ♪ 
是非是非、実物をご覧になって下さい!

もの作りに取り組む姿勢は変わらず熱心で、
回を重ねる度に個性や表現力は、多彩な広がりをみせています。
生徒さんの作品が、どんどんバージョンアップしていくものですから
準備段階で既にワクワクしてしまってる嫁。
早く皆様にご覧になって頂きたい!そんな気持ちです。
奈良市美術館(イトーヨーカドー5F)で7月6日(水曜日)からですよ〜!
150点を超える力作が揃います。
参加者33名のそれぞれの想いが伝わる作品展となることでしょう。
どうぞお楽しみくださいませ!


さあさあ!
7月6日から10日は奈良市美術館に
いってみヨーカドー ♪
# by miyakogama | 2011-06-17 20:36 | ご案内
現代工芸美術家協会 『現代工芸シンポジウム』 放映予定
現代工芸美術家協会「現代工芸シンポジウム」放映予定

社団法人 現代工芸美術家協会は、
昭和36年に創立され今年で50周年となる工芸美術作家の団体です。
陶磁、金属、染織、漆、人形、竹、ガラス、革、七宝、紙、のジャンルにおいて、
多種多様な素材や技法を駆使し、従来的な工芸志向のものからアート志向のものまで
「現代の工芸」の意義を追求、創作しています。
その活動の中心が協会主催の公募による
「日本現代工芸展」
毎春、東京都美術館を皮切りに始まる全国規模の巡回展ですが、
今年は、金沢21世紀美術館で第50回展と云う節目を迎え開催されました。

★4月19日(火)から24日(日)は京都市美術館です★ ←カチッ!

21世紀美術館での本展開催に伴い
現代工芸美術家協会の創立50周年を記念した
『現代工芸シンポジウム』
金沢市の北國新聞社赤羽ホールで行われました。

テーマは
『工芸の〝未来〟を語る』

出演パネリストに
秋元雄史氏   (金沢21世紀美術館館長)
伊東順二氏   (美術評論家、富山大学教授)
片岡鶴太郎氏 (俳優、画家)
コシノヒロコ氏 (ファッションデザイナー)
宮田亮平氏   (東京芸術大学学長)
二見和男氏   (NHK金沢放送局アナウンサー)   (順不同)
を迎えてのシンポジウム。

この模様が
4月23日(土)14:00~14:59
NHK教育テレビ「TVシンポジウム」 で放映予定となったそうです。
ご視聴下さいますようご案内申し上げます。

なお諸事情により放映延期される場合もあります。
ご了承ください。
# by miyakogama | 2011-04-18 23:45 | ご案内
『第50回記念日本現代工芸美術展』開催のご案内
第50回日本現代工芸美術展・京都市美術館
会期:2011年4月19日(火)から24日(日)まで
会場:京都市美術館本館
主催:(社)現代工芸美術家協会・現代工芸美術家協会近畿会
d0193670_15353537.jpg

ごゆっくりご高覧賜りますようご案内申し上げます。
詳しいご案内は、当ホームページ内にもございます。
★イベントのご紹介★ ←カチッ!
ご参照下さい。
# by miyakogama | 2011-04-18 17:08 | ご案内
一杯の珈琲から
一杯の コーヒーから
 夢の花咲く こともある

d0193670_2074020.jpg

  



鳥仙珈琲さんの 『鳥仙ブレンド』 です 063.gif 
味覚を言葉にするとは、なんて難しいことでしょう。
飲みほすまでの時間がとても丁寧に流れていくような気がします。

美味しい!
# by miyakogama | 2011-04-11 20:15 | 嫁の日常
カテゴリ
カテゴリを作ってみました。

本日の1枚♪  生徒さんの作品です。

教室便り   都窯陶芸教室の日々のお話。

ご案内     作品展や展覧会等のお知らせです。

嫁の日常    …そんなモンです(泣

米びつ    以前のブログで頂いたコメントを集めた箱です。
       現役で活用しております。     
ちょっとしたご質問やお問合せなどにもご利用頂けると嬉しいです。
# by miyakogama | 2011-04-10 09:47 | 教室便り
COMING SOON !!
七福神(しちふくじん)とは、
ご存知の通り、福をもたらすとして信仰されている七柱の神様です。
ワタクシ嫁は、
この方自身が 八人目の隠れ柱なのでは?と想像してしまうぐらい
沢山の福を授かっているような気がします。
当教室の福マダムF澤さまの作品♪ 
身長およそ50cm 『毘沙門天』
d0193670_1625860.jpg

そろそろ弁財天さんも出来上がりますよ。
制作途中ですが、
居並ぶお姿からは既に福オーラが溢れ出ているようです。

COMING SOON !!
d0193670_163012.jpg

# by miyakogama | 2011-04-07 16:21 | 本日の1枚♪
散華
『散華』
「さんげ」と読むそうです。
法要の折、諸仏を供養するために華を撒くのだとか、これを「散華」といいます。
もともとは蓮などの花びらをはじめとする生花であったのが、
いつのころか蓮の形をかたどった色紙が代用されるようになったそうです。
教室には陶製の美しい散華が焼き上がりました。
本日の1枚♪  N崎様の作品

d0193670_20561655.jpg




さて奈良は今、薬師寺さんで 『花会式』 が行われています。
東大寺のお水取りと同じく
罪を懺悔し国家の繁栄と五穀豊穣などを祈願する修二会の法要で、
どちらも「奈良に春を告げる行事」と親しまれています。
東大寺のお水取りと云うと、真っ暗な中をお松明の火が奔る夜のイメージですが、
薬師寺さんの花会式は、ご本尊前に十種の造花が供えられ、
堂内は華やかで美しく、まさに春爛漫って感じでしょうか。
ほころび始めた桜も淡い彩りを添えています。
その花会式に参籠する僧を「練行衆」(れんぎょうしゅう)と呼ぶそうです。
今年は、
「65歳の新人練行衆、被災地に祈りを込め声明」
と云う記事を目にしましたので、ご紹介!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110404-00000156-mailo-l29





d0193670_11284531.jpg







陶製の散華を制作されたのは奥様で、記事でご紹介させて頂いた方がご主人様です。
「ご縁」をとても大切にして下さるお二人で
国籍を超えたボランティア活動へも取り組んでいらっしゃいます。
様々な面でお手本となるご夫妻は、
大変心強い存在であり、尊敬しております。

画像は 薬師寺の桜

# by miyakogama | 2011-04-04 21:15 | 本日の1枚♪


HOME 
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
『伝える 伝わる それぞれの..
at 2016-07-23 23:24
Happy snake C..
at 2013-01-18 01:42
秋です。
at 2012-10-07 20:46
クジラ
at 2012-07-16 11:24
スイレン(睡蓮)
at 2012-07-09 21:04
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
画像一覧