奈良の陶芸教室*工房都窯  今や完璧「嫁ブログ」!!
by miyakogama
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
右肩上がりに願いを
夏の終わりの話、
仕事で関西へ出張中だと言う友人と京都で落ち合いました。

互いに校則の前では模範生 (え?
教師からの信頼も厚い学生だった二人 (たぶん…。)
ワタクシ嫁の事なら裏も表も、親より詳しいと思われる女性です。
帰省してもなかなか逢う事の出来なかった事情もあり
今回5年ぶりの再会でした。

「久しぶりーーーっ!!」
この一言3秒で20数年を簡単に巻き戻せるのは『友達』のなせる業。

「どこ行くん?!」
「晴明神社」
「よっしゃーー♪」
そんな趣向の間柄です(笑

さてさて、
京都一条戻り橋にある『晴明神社』
ご存知の通り平安時代の陰陽師・安部晴明公をお祀りする神社です。
初めての参拝。
境内は存外に明るく、移築再現された橋のたもとには式神も座していました。
若干 笑えます ( ̄∀ ̄;)

「陰陽師」
文芸、漫画、映画にと一時ブームになりましたね
晴明の像と向き合っても 脳内が僅かに拒否するのは
美しすぎる所作に魅せられた野村萬斎氏のせいかと(笑

帰りにお守りと御札を購入しました。
さすが晴明!!? 一般的なお守り袋とは一線を画すデザインでした!
早速、飛びついてしまったのが
コレ!!

d0193670_1941172.jpg

黄色に赤の桔梗印(牛芒星)が矢印の示す通り
右肩上がりにグングンのぼっているデザイン
学力、営業力向上の御守りです。
斬新すぎるっーーー!!

おまけに陰陽五行で
黄色は「」赤は「」を配するそうで
なんて

まさにウチじゃないですか!!!
ウチが買わずして誰が買う?! 即購入!!

帰宅後、講師で作家の財布にくくり付けてみました。
財布の中には既に
東洋のミューズ 技芸天様 がいらっしゃいます(笑
仲良くしてください♪

秋のお彼岸
ご先祖様へもご挨拶に行ってきました。
神仏混合(ノ∀<) 
なんかもう怖いもの無しじゃありません?

個展に向かい人事を尽くして天命を待つ…みたいな (え、違う?!


さあ、シルバーウィークも今日で終わり。
皆様 行楽のお疲れが出ませんように!
嫁も業務に戻ります (^―^)g"



追記:
ところで、
神社より頂いた御札の配置ってご存知でしょうか
何でも
中央に『お伊勢さん』
左に  『春日さん』
右に  『産土様』(自分の居住地の神様)
とお祀りするそうです。
日本は八百万の神々の国なので神様同士、一緒に並べても喧嘩なさらないから大丈夫!
って言うのが定説(らしい…)
我が家には『お伊勢さん』も『春日さん』もいらっしゃいます。
晴明様の御札も春日さんの隣に並べてみました。

そこへ
先述の友人からメール
「あの後、せっかくだから北野天満宮も行っといた!
『縁結び』のお守りを入手。晴明さまの厄除けと道真オヤジの縁結び!!最強だ」

ってアンタ、北野天満宮・菅原道真公と言えば…怨霊の大家
 
 キングof怨霊 
     Vs
 稀代のイケメン陰陽師

相殺では???! ( ̄∀ ̄) ニヤリ
なんて笑てたら横から作家が一言
「うちの産土様って、たしか『菅原神社』やぞ」
笑えんな…
人事を尽くす前に下調べも必要か (汗


ちなみに、
黒地に桃の厄除守り。超ラブリ~♪
陰陽五行の中で水を表す黒はお祓いを示し
桃は魔を除ける果実だそうです。
d0193670_19412995.jpg

by miyakogama | 2009-09-22 00:27 | 嫁の日常
喜多浩介作陶展のご案内
d0193670_14173092.jpg


9月も半ばを過ぎました。
秋晴れの良いお天気が続き、朝夕と涼しくなってきましたね(奈良です)

HPのイベント欄でも御紹介させて頂きましたが
いよいよ喜多浩介作陶展開催の運びとなりました!
友引の午前中をねらってご案内の葉書を投函したり
陶歴を作り直したり、嫁の仕事も大詰めの段階です。

1995年に、 
京都清水焼禎山窯窯元(故)川尻一寛先生の元から独立させて頂き、開窯。
初個展を開催できたのが1998年でした。
そして今回で7回目となります。

初回作陶展より、一貫して
自然や生き物、植物の形体を題材にした作品を制作してきました。
そのテーマ性は、器のフォルムや色彩に現れ、独特な存在感をもっていると思います。
今回も自然をモチーフにした小鉢、碗、皿、など、
日常に彩りを添えてくれる器ものから、
おもてなしの菓子器や花入れに至るまで丁寧に制作されたものばかりです。
又、各種展覧会に出品した作品も展示致します。
最近、制作される作品は、環境をテーマにしたものが多いようです。
変貌する自然環境や、損なわれつつある生態系への危惧感が表現され
土と云う、まさに自然そのものの素材から、
守るべき環境や調和への想いを発信していきたい。
そんなメッセージも共に感じて頂けたら幸いです。

そして、
この度もお世話になるギャラリー五風舎さんは、
ワタクシ嫁も大好きなギャラリーさん!
東大寺戒壇院のそばにあり
築150年をこえる古い民家を利用されたものです。
オーナー様ご自身の小さい頃の思い出が包まれたお宅でもあり
とても大切に使われ、大事に再生された事が良くわかる佇まいです。
建物、場所ともに趣のあるところですので
奈良の静かに深まり行く秋を感じられる事と思います!
お忙しい日常の合間、
のんびりした気分になれるハズ(確信!)です 。

10月7日(水)~10月12日(月)
午前10:30~午後6:00
お時間がございましたら

是非ご高覧賜りますようご案内申し上げます

d0193670_18444030.jpg

by miyakogama | 2009-09-19 14:45 | ご案内