奈良の陶芸教室*工房都窯  今や完璧「嫁ブログ」!!
by miyakogama
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ:ご案内( 11 )
『伝える 伝わる それぞれの土物語』
d0193670_22520804.jpeg

奈良市美術館(イトーヨーカドー奈良店5F)で、
第4回目となります生徒さんの作品展を開催しております。おかげ様で連日 盛況の様子。
ありがとうございます(o^^o)
日曜が最終日です。
ぜひご高覧下さいませ!!

d0193670_23093073.jpeg

d0193670_23104470.jpeg

d0193670_23133599.jpeg

d0193670_23255241.jpeg

d0193670_23153960.jpeg

d0193670_23173613.jpeg

d0193670_23165792.jpeg

d0193670_23265779.jpeg

d0193670_23261690.jpeg

d0193670_23184943.jpeg

d0193670_23180574.jpeg

d0193670_23271947.jpeg

d0193670_23423551.jpeg
お見逃しなく!!

by miyakogama | 2016-07-23 23:24 | ご案内
なかなかとれないらしいよ(笑)
ゴールデンウィークに、
京都市立美術館へ行って参りました。
d0193670_19561576.jpg



前日の会話
娘2号「かあちゃん、
    とうちゃんの作品って優勝したん?」
  「うん、『知事賞』って言う賞をもらわはってんて」
娘2号「それってスゴい?」
  「なーーーっかなか 取られへんらしいでぇ(笑)」

娘1号「それで、なんぼ貰えるん?!」

  「 …(ー"ー;)
    お前は連れて行きませんから!!」


以下、その日の娘2号の日記より

d0193670_19562592.jpg



と言う訳で、
なかなかとれない『京都府知事賞』の受賞作品です。
  
    『 渇きの断片 』

d0193670_19562197.jpg



展覧会自体も盛況だったようでお疲れさまでした。
おめでとうございます!!
by miyakogama | 2012-05-28 20:30 | ご案内
ありがとうございました!!
ありがとうございました!

先月、
ギャラリー五風舍に於いて開催致しました
『喜多浩介作陶展』
おかげさまで盛会のうち終了の運びとなりました。
沢山の方にご来場頂き本当にありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

今回初めての霜月開催。
晩秋なのに暖かくて、お天気にも恵まれました。
私達にとっても動きやすい 心配の少ない季節でした。

※ 心配とは… 
かつて彼の個展において天気に恵まれた記憶は無い。
必ずと云える確率で雨に見舞われる。
初回展などは、
これまた強力な「雨男」である嫁の父親が参戦したため
作家の「雨男」度数に拍車がかかり、
奈良の国宝 室生寺が一部崩壊するほどの台風を招いた。
それでも開催し、それでもお出で下さった方がいらした。
その節は、本当にありがとうございました!!!!
ああ、なんて思い出深い初回展。


それから数え8回目です。
毎回の事ながら、
搬入、搬出、前後の雑務には、嫁の頭も身体もギシギシときしみます。
作家にしてみれば更に、作品を生み出す喜びも苦しみも担う訳ですから
大変な日々なんだろうな、と。
開催作業は確かにしんどい面もありますが、
個展期間を通し、こちらのギャラリーで流れる五風舍時間が私は好きです。
心から「ゆっくりご覧下さい」と言える五風舍さんの環境の中、
今回も楽しんで開催させていただきました。

お忙しい中、
今回の展覧会にお運びいただいた沢山の方々、
本当にありがとうございました!!

さて、作陶展の様子を
嫁のケータイカメラ撮影ではありますがスライドショーにまとめてみました。
3分半ほどです。よろしければ、どうぞご覧下さい。






「行けなくてゴメンね!」メールをくれたハニーへ、
これでいかがでしょう(笑)
by miyakogama | 2011-12-16 03:28 | ご案内
2011『喜多浩介 作陶展』のご案内
『喜多浩介 作陶展』のご案内

季節はすっかり秋ですね。
10月もあと1週間。
温かい飲み物がとても美味しく感じられるようになりました。

『生徒作品展』以降、
教室のメンバーも少し増えて賑やかになったり、
ご近所の職場の方が仲良しグループで体験に来られたり、
楽しく過ごさせてもらっています。
少々 気ぜわしいのは
来月開催の運びとなりました『喜多浩介 作陶展』
今、準備も大詰めです!

毎回 楽しみにさせて頂いている五風舍さんでの開催。
今秋は、初めての11月と言う事で、
本格的な秋を感じられる素敵な個展になれば良いなぁ、と期待しています。
11月の奈良は、正倉院展が開かれたり、
東大寺ミュージアムがオープンしたりと、とても賑わっています。
ぜひぜひ お出で下さいませ!

さて、
『喜多浩介作陶展』
各展覧会への出展作品から日常を彩る器ものまで
70点以上の作品が並ぶ展示販売です。
前回好評だった 蓮の葉をかたどった小さなお皿や
貝を思わせる仕上がりの白い器。
独特のフォルムや被裂文様の作品をお楽しみ頂けたらと願っています。

  『喜多浩介 作陶展』
会期 平成23年11月9日(水)〜14日(月)
時間 午前10:00 〜 午後6:00
場所 五風舍 ←クリックすると五風舎さんへのアクセスが詳しくわかります。 
   奈良市水門町45
   ☎ 0742・22・5514 


d0193670_11512460.jpg


ご高覧賜りますようご案内申し上げます。
by miyakogama | 2011-10-23 12:59 | ご案内
『都窯陶芸教室生徒作品展』開催のお知らせ
都窯陶芸教室生徒作品展 開催のお知らせ
『伝える伝わるそれぞれの土物語 vol.3』

[開催期間] 7月6日(水)〜10日(日)
[開館時間] 10:00〜17:00(最終日は15時まで)
[開催場所] 奈良市美術館(イトーヨーカドー5F)奈良市二条大路南1丁目3−1
d0193670_2371126.jpg

いよいよ始まります!
毎回好評頂いております「都窯陶芸教室 生徒作品展」
第3回目を迎える運びとなりました。
『伝える伝わるそれぞれの土物語』

タイトルは、前回展の折に教室内公募の結果、
厳選なる審査を勝ち抜いて決定されたフレーズです。

入り口を飾る看板の題字は、
おそれ多くも書家・安原山遥先生の筆によるもので、まさに一見の価値有り!
そして今、生徒さん達は、この作品展にむかって大詰めの段階を迎え
頑張っている最中です。

ホームページ内でシーズン毎にアップしていた『生徒様作品集』
勿体つけてお休みしているのは、決してサボってた訳じゃ… ありません、多分。(汗)
作品展の為ですよ。新作は焦らさないと ♪ 
是非是非、実物をご覧になって下さい!

もの作りに取り組む姿勢は変わらず熱心で、
回を重ねる度に個性や表現力は、多彩な広がりをみせています。
生徒さんの作品が、どんどんバージョンアップしていくものですから
準備段階で既にワクワクしてしまってる嫁。
早く皆様にご覧になって頂きたい!そんな気持ちです。
奈良市美術館(イトーヨーカドー5F)で7月6日(水曜日)からですよ〜!
150点を超える力作が揃います。
参加者33名のそれぞれの想いが伝わる作品展となることでしょう。
どうぞお楽しみくださいませ!


さあさあ!
7月6日から10日は奈良市美術館に
いってみヨーカドー ♪
by miyakogama | 2011-06-17 20:36 | ご案内
現代工芸美術家協会 『現代工芸シンポジウム』 放映予定
現代工芸美術家協会「現代工芸シンポジウム」放映予定

社団法人 現代工芸美術家協会は、
昭和36年に創立され今年で50周年となる工芸美術作家の団体です。
陶磁、金属、染織、漆、人形、竹、ガラス、革、七宝、紙、のジャンルにおいて、
多種多様な素材や技法を駆使し、従来的な工芸志向のものからアート志向のものまで
「現代の工芸」の意義を追求、創作しています。
その活動の中心が協会主催の公募による
「日本現代工芸展」
毎春、東京都美術館を皮切りに始まる全国規模の巡回展ですが、
今年は、金沢21世紀美術館で第50回展と云う節目を迎え開催されました。

★4月19日(火)から24日(日)は京都市美術館です★ ←カチッ!

21世紀美術館での本展開催に伴い
現代工芸美術家協会の創立50周年を記念した
『現代工芸シンポジウム』
金沢市の北國新聞社赤羽ホールで行われました。

テーマは
『工芸の〝未来〟を語る』

出演パネリストに
秋元雄史氏   (金沢21世紀美術館館長)
伊東順二氏   (美術評論家、富山大学教授)
片岡鶴太郎氏 (俳優、画家)
コシノヒロコ氏 (ファッションデザイナー)
宮田亮平氏   (東京芸術大学学長)
二見和男氏   (NHK金沢放送局アナウンサー)   (順不同)
を迎えてのシンポジウム。

この模様が
4月23日(土)14:00~14:59
NHK教育テレビ「TVシンポジウム」 で放映予定となったそうです。
ご視聴下さいますようご案内申し上げます。

なお諸事情により放映延期される場合もあります。
ご了承ください。
by miyakogama | 2011-04-18 23:45 | ご案内
『第50回記念日本現代工芸美術展』開催のご案内
第50回日本現代工芸美術展・京都市美術館
会期:2011年4月19日(火)から24日(日)まで
会場:京都市美術館本館
主催:(社)現代工芸美術家協会・現代工芸美術家協会近畿会
d0193670_15353537.jpg

ごゆっくりご高覧賜りますようご案内申し上げます。
詳しいご案内は、当ホームページ内にもございます。
★イベントのご紹介★ ←カチッ!
ご参照下さい。
by miyakogama | 2011-04-18 17:08 | ご案内
組戻金
暖かいですね
4月の気温です(相変わらす奈良ですが)

まず最初にお詫び申し上げます(汗
ワタクシ、2月22日22時22分に更新予告をしておりましたが……
出来ませんでした(脇汗
申し訳ございません!(滝汗
1日遅れましたが、今日は223の「富士山の日」と云う事でお許し下さい m(_ _)m
(何でやねん!
さて、冬季オリンピックに一喜一憂しているワタクシ嫁ですが、
ついこの間まで思いっきり凹んでました。
その話をひとつ、


『組戻金』
くみもどしきんと読みます。
 私の失敗に耳を傾け、慰めてくれた友人には心より感謝申し上げます。本当にありがとう!

先日、小雨の中
何とか捻出した展覧会の参加費用を持参して、近所のATMにむかいました。
ここ奈良では最大の地方銀行です。
参加の展覧会自体は大阪のギャラリーさんなんですが、
今回 発起人になって下さった方が奈良在住で、
その方の個人口座への振込みとなっていました。
その指定銀行でもあります。

ATMの順番を待つ間、振込先を確認。

『○×銀行
 西大寺支店
 普通××××
 いしばし れんじ(仮名)』

めじゃーですな
西大寺支店
ここら辺りじゃ、ね!
順番がまわり、振込み作業を開始します。

銀行名ok!
支店名ok!
口座番号ok!
金額ok!

送金完了♪
ぬるりんと機会から通帳が吐き出されました。
吐き出された通帳を見て…
……愕然!!

ちがぁーーーーうっ!!! 

『○×銀行
 西大寺支店
 普通××××
 つのだ ひろ様(もちろん仮名)』

えーーーーーっっ???
いしばし れんじはどこへ行ったのぉーー??
ひろ って誰ーー??!

3回目の確認で解決しました。
『西大支店』ではなく
『西大支店』でした……

完璧に私の思い込みミス!
正解部分は、銀行名と口座番号だけです。

西大和… って、何処?
西大寺支店… めじゃーなんですよ
 どーして?!
『寺』 じゃなくて 『和』 ?!

もう、ここから顔面蒼白で車とばして西大寺支店の窓口で泣きつきました。
記録の残る通帳を提示しながら、振込みに失敗した事情をえんえんと説明。
対応にあたってくれた女性銀行員柴咲コウ(くどいようだが仮名)の話によると、

勝手に相手先の口座をストップ出来ない為、
相手に事情を説明し窓口まで来店して頂き、書類を作成してからの返金作業になると云う事。
ただ、相手から「しりません!」と言われると戻ってこない可能性もあると云う事。
それは、いくらこちらに振込の記録が残っていてもダメらしいと云う事。

説明を一つ聞く度に
ずるずると落ち込んで行くのがわかります。
取り敢えず、
電話連絡だけでも急いで入れて欲しいと頼み帰って来ました。

お昼のカレー、しょっぱかったです。
夜は家族みんなでふりかけご飯でした。
つのだ ひろ がイイ人でありますように祈りました。
事業主で講師の作家にも謝りました。
金額的に我家の住宅ローン以上です。
胃の痛い夜を過しました。

二日後
西大寺支店の柴咲コウから電話が入りました!
つのだ ひろ 様がご来店下さり、今、作業が終わりました。
お時間のある時に通帳でご確認下さい」

「ありがとうがざいまひたーーー!!!」

この一連の作業で返金されるお金を『組戻金』と言うらしいです。
ちなみに手数料630円が引かれます。

ありがとう!
つのだ ひろ
イイ人だと信じていたよ!!

返金された金額に630円を加え
いしばし れんじ には、作家から手渡しして貰いましょう!

日々の生活こそがスキージャンプか
モーグルかってくらいです。


てか、
振込確認画面に名前も表示してくれ…






さて、
そんな経緯で参加しておりますのが
この、
アートクリエイターズ展
サブタイトルが
【おもしろ作家見つけ展】です
現在、
【南港ATC ITM棟9階】
で開催中!
お時間がございましたらどうぞご高覧下さいませ。
詳細につきましては下記にてお問合わせ下さい。

【お問い合わせ先】
大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルITM棟9階 H-3
トータルスペースデザイン株式会社
TEL. 06-6614-4440 
FAX. 06-6614-4455
http://llaagg.com
by miyakogama | 2010-02-23 12:03 | ご案内
予告
寒いですねぇ 2月です。
ただ今、

平成22年2月2日2時22分です!

…って、    それだけ (((('∀'ノノ

次回のブログ更新は
平成22年2月22日22時22分にします!!(笑
(〃∀〃)ノ


d0193670_19153033.jpg
えっと、
ちゃんとした予告です


昨年10月30日の東京
国立新美術館を皮切りに巡回している
第41回日展
今月2月20日(土)から
3月28日(日)の期間、
大阪市立美術館で開催されます。
お時間がございましたら
是非、ご高覧賜りますよう
ご案内申し上げます。
by miyakogama | 2010-02-02 14:22 | ご案内
ありがとうございました!
12月です。
11月は一度も更新出来ず終いでした(反省

12月のトップ記事ではありますが
ワタクシ嫁の備忘録と云う事で…
10月、11月を記しておきたいなぁ、と思います。

10月
作陶展開催の記事を上げ、皆様をお誘い致しました。
ご多用中にもかかわらず御来場賜りまして

本当にありがとうございました。 

おかげ様で盛会のうち終了の運びとなり
今回も又、感謝いっぱいの作陶展となりました。

d0193670_20542689.jpg
                    [粉引窯変麦茶碗]

初日には
台風の雨にもかかわらず、沢山の方が御来場下さいました。
いつもいらっしゃる生徒さん方の顔は、
ここ会場の中でも嬉しくて心強くて、押しつぶされそうになる不安を消してくれます。
2年毎の個展の時ぐらいしかお会い出来ない方にも、又 お会いできました。
お元気そうでお話が出来て本当に嬉しい一時。
足をお運び頂くだけでも有難いなぁ、と胸が一杯になるところへ
励ましの言葉を頂戴したり、ご意見を賜ったり、
新しい出逢いがあったりするものですから
頑張って良かったなぁ!と、更に胸がいっぱいになる貴重な時間を過せました。

この想いは作家も同様で、感謝の気持ちを還元していく為にも
頂戴しました言葉一つひとつを真摯に受け止め、
今後の作陶活動に反映して行く所存だと申しております。

本当にありがとうございました!
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。
遅くなりましたがネットでのお礼とさせて頂きます。

今回は、工芸展や公募展に出品した作品をメインに展示させて貰いました。
もう少し、作品に対しての細かい説明があっても良かったかな…と反省しております。

作品をメインにした分、
例年に比べ、日常使いの器の展示数が減ってしまいましたが、
それでも沢山の器が皆様の手にとっていただけました。
お求め頂いた作品たちが、優しい時間や素敵な空間を共有する
お手伝いとなりますよう願っています。


d0193670_20554360.jpg

開催2日目にして完売となった
 [淡緑彩ハス小鉢]

実はワタシも狙ってました(笑
by miyakogama | 2009-12-02 14:25 | ご案内


HOME 
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
『伝える 伝わる それぞれの..
at 2016-07-23 23:24
Happy snake C..
at 2013-01-18 01:42
秋です。
at 2012-10-07 20:46
クジラ
at 2012-07-16 11:24
スイレン(睡蓮)
at 2012-07-09 21:04
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
画像一覧